白髪染めヘアカラーの仕組み

白髪染めには幾つかの種類があって、そのうちの一つがヘアカラーです。

多くの人が白髪染めをする場合に、このヘアカラーを利用しています。

美容院などでもヘアカラーで白髪染めをしています。

ヘアカラーというのは、染めたところを永久的に色を変えることのできる白髪染めで、二つの薬剤に別れています。

まずは一つ目のアルカリ性の薬剤で髪の表面の普段は閉じられているキューティクルを壊して開きます。

これは髪の内部にカラーを浸透させるためです。

そして、キューティクルが開かれると、染料が髪の内部に浸透して髪が染まります。

二つ目の過酸化水素の薬剤で髪の脱色をして、染料の分子と結合して、髪の内部からカラーの成分が出ない様にします。

ヘアカラーはこの様に髪のキューティクルを開いて脱色してから白髪染めをするという仕組みなので、自由に好きな色を出しやすいという特徴があります。

もともと持っている黒髪のメラニンをそのままにして髪を染めても、髪の色よりトーンが明るい色は染めてもわからなくなってしまいますが、脱色することで、染めたい色を出すことができます。

キューrティクルが開き気味の傷んだ髪の人は染まりやすいことになります。

また、ヘアカラーは染料が酸素と結びつき、分子を大きくするので、浸透した染料は外に出られなくなりますので色が長持ちしやすいという特徴があります。

ヘアカラーと呼ばれる白髪染めは、髪の表面を開き、脱色してから染めるので、元の髪の色を問わず、しっかり染上げることができます。

気になるサイト…2/2 「白髪染め」とヘアカラーって同じもの? [髪の悩み・対処法] All About