5月
2017

婚約指輪のウェーブラインやリングタイプ

結婚を誓った証として男性が女性に贈る大事なジュエリーで、左手に身につける一生に一度の大事なプレゼントがエンゲージリングです。

ブライダル専門店ではクロッカスのカーブデザインやストレートライン・V字ラインなどいろいろなタイプがあります。

じっくりとステキなものを探したいですね。

センターダイヤモンドの品質によって金額も違います。

予算に応じて無理のないものを決めたいことでしょう。

今回は《婚約指輪のウェーブラインやリングタイプ》についてご紹介します。

★リングのデザインで多くの女性が好んでいるのがウェーブラインです。

特徴はアームの部分にやわらかいカーブがあることです。

やさしく柔らかいテイストです。

一般的にエンゲージリングではストレートラインの印象があるでしょう。

実際に身につけるとウェーブラインのほうが良いと考えがかわる人も少なくありません。

曲がったカーブの部分のデザインが指をすっきりと見せてくれるからです。

アームのパーツも太さが太いところと狭いところがあります。

スッキリした印象があります。

センターダイヤモンドにも光が入りやすくなります。

輝きも一段と増します。

★ウェーブの形はS字ライン・V字ライン・U字ラインがあります。

センターダイヤモンドを中心にラインが決定します。

メレをサイドにおいているパターンも多いです。

ソリティアタイプも主流です。

ウェーブラインは種類も多いです。

結婚指輪と婚約指輪を重ねづけする場合もいろいろなパターンを選べます。