白髪染めヘアマニキュアの仕組み

白髪染めといえば、その多くはヘアカラーが使用されるのですが、その他に白髪染めヘアマニキュアというのもあります。

ヘアマニキュアというのはその名の通り、髪にマニキュアをするという感じです。

マニキュアといえば、表面をコーティングするのであって、ヘアカラーとは違って、髪の外側を染めるとイメージしてみてください。

ヘアマニキュアの染料は酸性のタール色素からなっています。

白髪染めヘアマニキュアの染まる仕組みというのはどうなっているのでしょうか?

髪の毛というのはプラスとマイナスのイオンがあります。

白髪染めマニキュアはそのプラスイオンにマイナスイオンである酸性染料をくっつけて色をつけるという仕組みになっています。

白髪というのはメラニンがなく無色になっているので、くっついた染料の色が白髪の周りをコーティングすることになります。

この酸性染料の分子は大きいので、髪の内部には浸透しません。

ヘアカラーの様に脱色はせずに染めるので、白髪の部分は染まっても黒い部分はほとんど変化はないと考えて良いでしょう。

ヘアマニキュアにはヘアカラー成分が含まれるもの、HC染料や塩基性染料などが含まれている種類もあります。

通常のヘアマニキュアよりもきれいに髪が染められる様に改良されているものです。

白髪染めヘアマニキュアというのは、髪のプラスイオンに染料のマイナスイオンを結びつけて、内部に浸透させるのではなく、髪の表面をコーティングして染めるものです。

気になるサイト…要注意! 男性が、思わず「老けたな~」とがっかりする女子の特徴4つ – Peachy – ライブドアニュース